河北新報の17日夕刊『ものがたり』のコーナーで連載される『妖怪ラボ』第3話が掲載になりました。挿絵を描かせていただてます。(児童文学作家、野泉マヤさんの物語)
お話は民俗学者の青年と少年の物語で、宮城県のとある町を舞台に色々な妖怪が登場します。

今回は民俗学者の円先生から石にまつわる不思議な伝説が語られます。
そして突然現れたおばあさんを少年邦彦が『狐の窓』で覗くと振り返ったおばあさんの顔は石!?